【インフレ】米国CPI(消費者物価指数)の遷移

テーマ分析
スポンサーリンク
スポンサーリンク

CPI(消費者物価指数)とは

CPIはConsumer Price Indexの略称で日本語では消費者物価指数といいます。
物価指数を表す経済指数でインフレ状況を計る重要な指数となります。

発表時期は集計した月の翌月13日ごろ。(3月のCPIは4月13日頃発表)

「総合CPI」と、総合から時期によって変動の大きな生鮮食品/エネルギーを除いた「コアCPI」があります。

影響について

金利への影響とグロース株への影響

インフレを計り政策金利(中央銀行が一般銀行に貸し出す際の金利)にを決める指標となっているため、消費者物価指数が高まれば金利が上がると想定されます。

金利上昇によって主に金利の影響を受けるグロース株は株価が下がる傾向にあります。
グロース株の多くは事業成長のため銀行から資金を借り入れる必要がある場合が多く、金利の上昇が利益等を圧迫する可能性があります。

米国ではNASDAQやラッセル、日本ではグロース市場(マザーズ)の株に特に影響します。

金利上昇による為替への影響

米国と日本で金利差が発生すると為替に影響が出ます。

日本に比べ米国の金利が大きい場合、円を持っているよりドルを持っている方が有利なため円が売られる傾向にあります。

影響の測り方

市場はCPI発表前に金利上昇を織り込んでいる場合があります。

CPI発表前に株価が下落していた(事前に金利上昇を織り込んでいた)場合、発表後に株価が上昇する可能性があります。

上記のため、絶対的な値を見るのではなく相対的(現状の折り込み具合)に判断する必要があります。

米国のCPI遷移のデータまとめ

米国CPI(総合)の推移と前月との差

2019年以降のCPIの推移です。(グラフは2020年4月以降)

青い棒グラフが発表された総合CPIの値(前年比)
折れ線グラフが前月の値と発表月との差

米国CPI(コア)の推移と前月との差

オレンジの棒グラフが発表されたコアCPIの値(前年比)
折れ線グラフが前月の値と発表月との差

2020年3月に底を打って以降、徐々にCPIは増えています。

  • 伸び率については折れ線グラフにあるように徐々に抑えられてきています。
  • 発表される値は前年比のため来月(5月発表の4月のCPI)は21年のインフレが高まったとことの比較になるため数字としては落ち着く可能性があります。
  • ただし3月ごろからエネルギー価格の上昇もありその点が2月は織り込み切れていない可能性もあります。
  • 市場の折り込み具合に注意しましょう。
    株価は絶対値で見ておらず織り込み具合に対して大きいか小さいかで反応します。

2022/5/12追記

  • インフレ指数は8.5→8.3と減少。ただし市場の予想は8.1だったため株価は下落。
    ダウ平均株価は-464ドル、ナスダックは-373ドル下落しています。
  • インフレは思ったほど収まっていないというのが市場の反応だったようです。

2022/6/11日追記

  • インフレ指数は8.3→8.6と上昇。4月がピーク化と思われたがその値を超えてきた。
  • ダウ平均株価は880ドル下落しています。
    そのため5/20に一度底打ちに見えた株価付近まで再度下落しています。

2022/7/13日追記

  • インフレ指数は9.1と最高値を更新
  • ダウ平均株価は208ドル安。寄りは大幅に下落(前日比400ドル近く)したが引けにかけては多少回復した。
  • NASDAQも同様に発表後大幅下落したが、最終的には-17ドル安まで回復した。

2022/8/10追記(記載は22日)

  • インフレ指数は8.5と低下。市場はピークを打ったと捉える。
  • ダウ平均株価は前日比535ドルの大幅上昇。インフレ懸念の低下を受けて株高に。
  • NASDAQも2.9%の大幅上昇。
  • その数日間は上昇トレンドになり8/16まで上昇継続。

2022/9/13

  • 結果は総合8.3(前月比-0.2) コア6.3(前月比+0.4)
    両指標とも市場予想を+0.2上回りFRBの利上げ予測が上がったことにより株式は大幅下落
  • ダウ平均株価1276.37(-3.94%)
  • ナスダック632.84(-5.16%)

更新日:2022年9月14日

まとめ

  • インフレを計り、政策金利を決定するのに参考にしている指標。
  • インフレが進むと政策金利の上昇につながる可能性がある
  • 国家間で金利差が発生すると金利の安い国が通貨安になる可能性がある。
    (日本の金利が米国に比べ低い場合はドル高円安となる可能性がある)
  • 金利が上昇するとグロース株(NASDAQやグロース市場)の株価低迷に影響する。
  • 金利上昇と株価の関係は市場の折り込み具合を計り相対的に考慮する必要がある
kitakuma
kitakuma

ここまで読んでいただきありがとうございました。

感想や意見、間違え等ありましたらコメントお願いします。

また、あくまで個人的な意見になります。実際の投資は自己責任でお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました