【発表前の予習】22年7月の米消費者物価指数(CPI)

テーマ分析
スポンサーリンク
スポンサーリンク

市場予想とこれまでの推移について

市場予想

市場は総合に注目しています。

指標6月の市場予想前月過去最高
CPI8.7%9.1%9.1 %(22年6月:7月発表)

過去の推移

前月の流れ

インフレ率はピーク値をつけたが大幅な下落にはつながらなかった

インフレ指数は8.3→8.6と上昇。
5月がピーク化と思われたがその値を超えてきた
ただしダウは200ドル安、ナスダックは17ドル安と6月ほどの下落にはならなかった。

詳細は以下を参照。

8月発表に対しての動きの予想

あくまで個人的な意見になります。実際の投資は自己責任でお願いいたします。

CPI(総合値)の動き
9.1%以上の場合市場はインフレのピークがまだ来ていないと判断。
更なる利上げから株価下落も想定する。
8.7~9.0%の場合市場の動きを観察してどちらに動くか様子見。
8.6%以下の場合インフレのピークと判断され、株価は上昇する可能性を考える。
当日株価が上昇した場合でも翌日以降の動きには注意が必要。
最近は、上げた翌日にその分を下げることもしばしば起きています。

実際の動き

  • インフレ指数は8.5と低下。市場はピークを打ったと捉える。
  • ダウ平均株価は前日比535ドルの大幅上昇。インフレ懸念の低下を受けて株高に。
  • NASDAQも2.9%の大幅上昇。
  • その数日間は上昇トレンドになり8/16まで上昇継続。

まとめ

  • 先月はインフレのピークはまだ終わっていないとの判断で下落。
  • 今月も同様に発表される数値によって行動を決める必要がある。
    ※参考は本記事の「8月発表に対しての動きの予想」の章を参照。
kitakuma
kitakuma

ここまで読んでいただきありがとうございました。

感想や意見、間違え等ありましたらコメントお願いします。

また、あくまで個人的な意見になります。実際の投資は自己責任でお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました