【22年9月21日の考察】恐怖指数・空売り比率・ 騰落レシオ・出来高の推移確認

テンプレ記事
スポンサーリンク

キタクマです ( •㉦• ) 。

トレードのための日経平均株価の各指標の推移を抑えていきたいと思います。

あくまで管理人が個人的に考えるポイントのメモになります。
実際の投資は自己責任でお願いいたします!

スポンサーリンク

各指標まとめ

項目状態参考値
騰落レシオ(25日)89.6通常(売られ気味) 売りすぎ:80~120:買いすぎ
日経VI22.57やや楽観楽観:20~30:恐怖
VIX指数 ※前日基準25.76やや恐怖楽観:20~30:恐怖
空売り比率46.6売り残多め売り残低:40~50:売り残大

騰落レシオ

数値状態説明
120以上買われすぎ直近の買いが進んでいる状態。売りに転じる可能性あり。
100~119やや買われ気味通常。やや買いが多い。
81~99やや売られ気味通常。やや売りが多い。
79以下売られすぎ直近の売りが進んでいる状態。買いに転じる可能性あり。

恐怖指数

数値状態説明
30以上恐怖市場に恐怖がまん延しボラティリティがとても高い。
25~29やや恐怖市場は通常。やや恐怖でボラティリティが高くなっている。
20~24やや楽観市場は通常。やや楽観気味。
19以下楽観市場は楽観し天井が近い可能性があります

空売り比率

数値状態説明
50以上売り残多いショートカバーが入り買い戻し(株価上昇)の可能性が高まる。
45~49売り残やや多い通常。やや空売りが多い。
40~44売り残やや少ない通常。やや空売りが少ない。
39以下売り残少ない空売りが入り株価が下落する可能性がある。

東証プライム市場出来高(百万株)

総評

日経平均は各指数が低下していて売りの圧力が大きくなっています。
対して欧米の恐怖指数は若干抑えられています。
今晩のFOMC次第で大きく動きそうですね。

kitakuma
kitakuma

ここまで読んでいただきありがとうございました。

感想や意見、間違え等ありましたらコメントお願いします。

また、あくまで個人的な意見になります。実際の投資は自己責任でお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました